「壽 童子」(ことぶきどうじ)
  2008年 陶彫彩色螺鈿 (陶土) 

日本の江戸期から近代までの幼子の姿で百壽文様の衣装を着て
手には松竹梅の熨斗をもっている。